子供と一緒に淡路島をドライブで楽しもう。

子供と一緒に淡路島をドライブで楽しもう。

小さな子供がいる家族は、是非ともドライブをメインで淡路島に行って欲しいです。

小さな子供といっても4歳から10歳(私個人が親とドライブを楽しいと感じた年齢)と限りがありますが、個人差があります。

まずは見どころは、明石海峡大橋

まず、本州から淡路島に向かう際に必ず通るのは、明石海峡大橋です。

兵庫県と淡路島を結ぶおよそ四キロになる巨大な橋です。

雨の日でも、晴れの日でも、迫力があります。

まずは目で楽しめると思います。

特に晴れの日は、きれいな空と海が車のフロントガラス全面に映し出されるためとても奇麗です。

淡路SA

橋を越えると淡路島に入るのですが、まず寄ってもらいたいところがあります。

淡路SAです。

淡路SAは観覧車があり、観覧車に乗ると海を先程通ってきた橋を眺める事が出来ます。

さらに少し運転やドライブにつかれていると思います。

なので、SAにあるミスタードーナツやスターバックスで甘い物や珈琲を片手に観覧車にのり、写真を撮ることをお勧めします。

淡路ワールドパークONOKORO

次にSAを出ると、淡路ワールドパークONOKOROに行きます。

そこは名の通り、世界各国のお城やコロッセウムなどの建物があります。

それを見て回ることもできますし、体を使った遊びも出来るので、ドライブで疲れた体を一度リフレッシュします。

お昼ご飯ですが、淡路島で探すのもいいです。

が、せっかくなのでおにぎりやお弁当をもって、車やワールドパークで食べるとピクニック感が出てより一層楽しめます。

ニジゲンノモリ

お昼ご飯を楽しんだ後は、ニジゲンノモリに行きましょう。

アニメのナルトやゴジラ、クレヨンしんちゃんなど子供向けに作られた模型やアトラクションがあります。

なので、食後の運動にはちょうどいいです。

特に男の子はとても楽しめると思います。

花さじき

女の子の場合は、少し車を走らせ花さじきに向かいます。

春にはピンク、黄色のお花が全面に咲いており、夏にはひまわりが咲いていて、とても奇麗です。(ただし晴れの日が望ましいです)

3人家族で、1万円前後

ここまでのルートでは交通費、入園料、お食事代込みで(三人)で10,000円行くか行かないかです。

またお手洗い等は、淡路SA、ワールドパーク、ニジゲンノモリにあります。

お子さんと一緒に行ってみるといいと思います。

栃木県那須郡那須町にある南ヶ丘牧場、小さなお子様から大人まで1日中楽しめるスポット

栃木県那須郡那須町にある南ヶ丘牧場、小さなお子様から大人まで1日中楽しめるスポット

子連れで楽しめるオススメのおでかけスポットは、栃木県那須郡那須町にある南ヶ丘牧場です。

なんと年中無休で、入場料も駐車料金も無料です。

子育て世代には嬉しいサービスです。

南ヶ丘牧場ってどんなところ?

牧場内には牛や羊、ヤギ、馬、ロバ、うさぎなどお馴染みの動物が沢山飼育されています。

めぇーめぇー広場では、ヤギや羊にえさやり体験をしながら触れ合ったりできます。

また、大きな馬のってコースを一周乗馬を楽しんだり、うさんぽ広場でリード(ハーネス)をつけたウサギとお散歩をしたりできます。

楽しみ方

朝8時から17時まで開園しています。

なので、早めに朝ごはんを済ませて、開園と同時に行くとエントランスに近い駐車場に止められて便利です。

我が家では、いつも朝いちで入場し、乗馬やうさぎとの散歩を楽しんで、魚や馬のえさやりを楽しんでから早めのランチを食べます。

おススメのランチやグルメ

おすすめは、お食事処庄屋の南ヶ丘牧場特製牛肉を使ったデミグラスハンバーグ。

ジューシーでうま味たっぷりのハンバーグは絶品でごはんが進みます。

食後のデザートにソフトクリームを食べてお土産を買って、込み合う日中には帰るのが我が家の定番コースになっています。

ここのバニラソフトクリームはミルク感たっぷり。

濃厚な味わいが本当に美味しいです。

暑い夏場はもちろんのこと、寒い冬場でも必ず買ってしまうほど家族全員が大ファンの一品です。

お土産屋さんで販売しているミルクジャムの優しい甘さが、パンとの相性抜群でお土産で渡すと大好評です。

南ヶ丘牧場の楽しみ方

牧場だけではなく、釣り堀で釣りをしてその場で焼いてたべれたり、パターゴルフやアーチェリーなどでも遊ぶことができます。

そのため家族旅行で来た高校生のお子様でも楽しめます。

大学生でお友達同士のお出かけにもぴったりの場所になっています。

入場料や駐車場代はかかりません。

が、えさやりやお散歩など何かアクションをするには料金が発生します。

我が家の1歳、6歳の2人の子連れでランチ代やお土産代含めると、8,000円くらいは使っていると思います。

程よい大きさの牧場です。

なので小さいお子様でも歩いて移動できのも魅力です。

朝早くから開園しているしレストランも充実しているので動物好きのかたはぜひ行ってみて下さい。

宮崎県高原町にある皇子原公園。新鮮な魚が釣れて家族で楽しめる釣り堀スポット

宮崎県高原町にある皇子原公園。新鮮な魚が釣れて家族で楽しめる釣り堀スポット

おすすめのスポットは、宮崎県高原町にある皇子原公園です。

こちらの施設には釣り堀があります。

そして、施設内に何ヵ所か釣りを楽しめる場所があるのです。

おすすめは少し奥の場所にある釣り場

おすすめは少し奥の場所にある釣り場です。

木陰になっていて、木々でおおわれています。

なので、暑い夏でも涼しい場所で釣り堀を楽しむ事ができます。

新鮮なニジマスがたくさん泳いでいます

釣り堀には、新鮮なニジマスがたくさん泳いでいます。

ですが、そんなに広くないです。

何回か釣りをするうちに、魚を釣る事ができるのでお子さんも大人の方も楽しむ事ができると思います。

私達は、小学生と中学生の子供と行きました。

二人とも、とても楽しんでいたので、15歳くらいのお子さんまで十分に楽しめると思います。

注意が必要な場所も

ただ、この場所に行く時にあぶないところがあります。

距離は短いのですが、1人渡れる程の幅の狭い橋を渡る時があります。

これが、少し不安定で、バランスを取りながらゆっくり歩くのが少し恐かったです。

皇子原公園の料金

料金ですが、釣竿とエサがセットになって、1800円でした。

その料金の中には魚1キログラムまで込になっています。

私達は2本釣竿を借りたので、3600円で魚が2キロまで込でした。

私達は魚を5匹釣り、その魚は自分で内臓処理をするか、お金を払って係の方にして頂くか選べます。

私達は自分で内臓処理をしました。

係の方に頼んでも、釣竿やエサなど含めて4000円あれば良いと思います。

皇子原公園の良いところ

海などでの釣りと違って確実に釣り堀で魚を釣れてます。

子供達は自分で釣った新鮮な魚を食べる事ができて、とても喜んでいました。

また、この施設内には他にもキャンプ場や広々としたテントスペース、テニスコートもあります。

なので、キャンプも楽しむ事ができます。

ゴーカートもおすすめ

他にはゴーカートもできる場所があるのですが、こちらもおすすめです。

ゴーカートは、10分程の長い距離で、自然に囲まれて眺めも良いです。

く、途中穏やかなアップダウンもあり、子供達はそのスリルが楽しくて2回連続でゴーカートを楽しみました。

1人乗りと2人乗りがあり、料金は1人乗りが300円で2人乗りが500円でした。

小さなお子様向けのバッテリーカーもありました。

ゴーカートは、中学生の子供もとても楽しんでいたので、15歳くらいまでのお子さんも楽しめるのではないかと思います。

自然豊かで広々している場所で、家族でとても楽しむ事ができる施設だと思います。

遊びに行く際の注意

ただ、すぐ近くにはコンビニやスーパー、食事ができるところがないのです。

午前中に来られる方は、お弁当を持って来られたり、午後から来られる方は昼食を済ませてから遊びに来られるのが良いと思います。

また、トイレは釣り堀の駐車場近くの外にありましたが、古くて綺麗とは言えない感じでした。

なので、小さなお子さん1人だと、恐がるかもしれません。